「津の出会いはそれを同じクラスの女の子にあげるつもりです、あなたがコレでコレならばどちらがいいですか?」

「津の出会いのストロベリーチョコレートはどうですか?」
緑茶が好きなら、抹茶もいいですよ〜」

「彼女は喜ぶと思いますか?」

「こんにちは、私は間違いなく嬉しいですよ〜」
そしてニコニコ、店員

津の出会いは限定抹茶チョコレートを買いました
私は幸せだった、私は家に帰った。

義務チョコレートの時代から
友情チョコレートの時代、そして
私自身のチョコレートの時代へ…

そして最後に …
逆バレンタイン
男がそれを告白して女性に手渡した時代でした…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です