包む
ため息をつく

津の出会いの一年
今までになく
私は私の心に直面しました

醜い私
狡猾です
私は壊れやすい
慈悲深い私

揺れ
揺れ
続けて
津の出会いは脱出しようとして心を追いかけます
涙ながらに‥
涙ながらに‥
心を悩ますのを和らげるために

私の心に直面するのは
それはまた非常に痛いと痛かった

大人として人と向き合うことができたかった
絶対に失いたくないもの
欲しいものが本当にあったから
しかし
おそらく
私はそれも利己的かもしれないと思います

この方法では
私が過ごした年でした

寂しいのは寒い冬のせいではない

私一人ではない

誰かが気にしなくても

津の出会いは私自身の選択だからです…
最近
やや弱気

抑えられない気持ちで
捨てているようです
気分が悪いです …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です