そして、あなたが壊れてもお別れを目指そうと思います。こんにちは高知で出会い高知で出会い、タイトルにヒットしたようにストーリー私は怒ってしまった長い前に私は長い時間前に話しました私はかなり怒っていましたそれは何ですか?いいえ、それは歯医者の物語です。それは後歯の知恵歯であり、次の歯は腐った歯の穴が開いていて、白いものが浮いています。つまり、それは神経です。それは神経です。そういうものを食べるのは難しいです。神経はあまり露出していません。私は個人の歯科医に捧げられた歯科医に行くとすぐに有名人として評判を得ている患者と多くの医者が常にいました

 

医者言われた教授の言葉[私はここで装置で治療することはできません]私は出会い病院を進めることができましたこの教師それは出会い病院なら安全です出会い病院なら安全です入門書とあなたは翌日に向かう多くのことを試してみました。多くのことを多くのことが待っていました。治療が始まるまで3時間ほど待っていました。私は来ましたが、高知で出会い最終的に私の名前と治療室に来た医者と呼ばれました訓練医に怒りを抱いていたが、後に祭りを開いた時に誰もがターンを見たことは確かだったと思うが、それは掻き飛ばされている訳ではないかと思うかもしれないゴリゴリゴリゴリ麻酔は細い線ですか?左腕、右腕、左足、右足がともに羽をつけて動かずに叫び続け、数時間にわたって全身が窮屈になり、気絶したと想像してみてください私が目を覚まして周りを見回したとき、私は来て、言葉を私に聞いた治療医を持っていますか?このぼかしは、針で神経を傷つけるでしょうそれはそれを傷つけることはありません翻訳されていない高知で出会い
私がしたい気持ち私がしたい気持ち私は病院をどうにかして残した話はここにはないストーリーはここではないしかし神経は廃絶され、それ以降の治療それはまったくやったわけではないが、私は再び食べることができませんでしたが、私を出会い病院に紹介した私の歯科医はここでは深刻な歯科医です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です