私は前に高知をしていましたが、ガシャットが少しありますが、基本的にはカフェに入ったり、高知をしたり、散歩を楽しんだり、穏やかなものを好むタイプです。
鎌倉とみなとみらい、元町/中華街、自由が丘、銀座などが混雑していることが多い。最近、吉祥寺と神楽坂に興味があります。

高知 出会い

読書では、私は純粋な文学作品、城山三郎、高杉亮、江上毅、黒木遼などの経済小説を中心に好きです。しかし、私はそれだけではあまりにも収斂していると感じているので、高知も読んでいます。

【外観】
それは嫌なシステム(草食系?)のように見えます。私がラグビーをしていた時でさえ、私は「私は顔を恐れていない(脅迫感はない)、傷ついている…」(汗)と言われました。ポジションに関しては、最初に相手に入る(または相手とタックする)ので、とてもクールでした。 。とにかく、ひげの顔が良くないので、苦労しました。元サッカー選手中田秀俊のようなクールで深刻な男が理想的!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です