高知の出会い、太宰治は生活困難のストレスから毎日薬を飲んでいました。その噂を聞いた川端康成は、「この作品は素晴らしいが、作者の人生に影を落としている」と書いている。それを読んだ後、太宰治は怒り、同じ業界の大先輩を噛みました。

私はこの交換を読み、太宰治にかなり共感しました。上映会で川端康成が「この作家の人生は……」と言い始めると、「川端さん、作家の人生ではなく、作品の内容について話し合いましょう」と言うのではないかと思います。

ちなみに太宰治。芥川賞を逃したものの、執筆を続け、

「1949年4月11日に東京財務局が発表した収入ランキングでは、作家の中で最高の100万円台の収入が記録された」(Wiki)。

高知の出会いは最善を尽くしました。

ちなみに「高知の出会いを書きます。
入力してよかったです
その後の開発はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です