高知の出会い、徳ちゃんが「太宰治、嫌い!」と書いた。そしてたくさん笑った。

私は40代半ばまで太宰治が苦手でした。彼の終わりは悲惨すぎる。しかし、私はその作品をかなりよく読みました。素晴らしい高知の出会いがたくさんあります。

私はその作品を読みましたが、彼の人生の終わりはとても苦痛で、彼はそれが苦手でした。しかし、彼が年をとるにつれて、彼に対する彼の弱さは減少しました。

芥川賞を失ったとき、高知の出会い解説を読んで激怒した。そして彼は怒った反論を書いた。

小鳥を飼って舞踏を見るのはとてもいい生活ですか?刺す。私もそう思いました。大きな悪役だと思いました。

あなたは作家が「愚かさ」に住んでいることをもっと意識する必要があります]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です