ただし、高知の出会いゲームの記事を時々読んだり聞いたりすると、最近の技術の進歩に気付くでしょう。

初期のウルティマ高知の出会いについてしか知らない私にとって、このようなリアルな3Dアバターは機能しますか?常連はグループを作ることができますか?驚きを禁じることはできません。

高知 出会い

 

とにかく、「仮想」と「本物」はますます曖昧になっています。

押井守の映画「高知の出会い」のようなゲームが将来登場するようです。

ここで考えてみてください。

仮想世界が現実にどんどん近づいてきたら……

・アバターは自分の画像になります(全方位カメラによる3Dホログラム)

・トイレも仮想世界と現実世界を横断して行われます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です