元プロテニス選手の松岡修三(47)は9日と6日のイベントでブログで力を発揮し、2日間ベッドで寝ていたことをブログで明らかにした。匿名の掲示板などでは、「8日は雪が降るかもしれません」と確信している声があります。高知で出会い

熱血なキャラクターである松岡は「太陽の神」というニックネームで知られており、「松岡が日本を離れると気温が下がり、帰宅すると気温が上がる」という事例が何度か報告されています。

そのため、春であっても、今月8日に各地で雪が観察されると、松岡の現在位置を確認しようとしたネットユーザーが公式サイトへのアクセスを集中させます。一時的にダウンしていました。高知で出会い

しかし、松岡は6日2日前に で開催された炭酸飲料「C. C. C. Lemon」の応援プロジェクトのプレゼンテーションに出演しました。そのことから、「松岡が日本にいたのにどうして雪が降ったのか」という疑問の声が上がった。高知で出会い

松岡は9日にブログを更新しました。 6日のイベントで、彼は自分が書いた “Genki Cheer SONG”を歌っていましたが、少しやり過ぎたようです。 “実際には、過去2日間の4月6日の応援の歌、タイトな腰、そして腹部のけいれん、あなたは自分で作ることができます”。 「それはできます!あなたがそれを造ることができれば!♪!」私は自分自身に歌った」高知で出会いと彼はしばらく病気だったと言った。

まさに松岡は日本でさえも病気だったようです。 4月の雪のせいか?匿名の掲示板では、「松岡修造の都市伝説」や「気候を支配する生きた伝説、松岡修三」のような声があります。高知で出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です