と思います。

さて、高知は古典的な落語を読み、夏の夜の弟を覚えています。

私の兄は骨董品店でした。

私は全国を回って、古い道具だけを集めました。

たくさんの高知道具があり、それらは創造物でいっぱいでした。
新生の名物「かん太鼓」。

高知 出会い

昔ながらの店主、ケータイは街で古いドラムを買いました。

私の妻は彼女の高知に驚いています。
彼はその少年に、表面にドラム缶をはじくように言った。

その少年は力強く殴打する人なので、騒音は何ですか?

それを聞いたワンピースが来た。
宮殿が買いたがっているので、私は大邸宅に行きたいです。
あなたがそれを恐ろしい大邸宅に持っていくならば、それは火のドラムとして有名なアイテムであるので、あなたはこのドラムを買うでしょう。

お気に入りの値段を付けて
私が10万台の車を言ったとき、私の姪は驚いた、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です