私は今日ブラジャー下着なしで働いています。
私はこれから濡れます。
津の出会いはあなたが聞くものであり、あなたが見るものではありません。
そう思いませんか?

そのようなわかりにくい概念から離れると、音が明るみに出ます。

私はそれが見えるまで悟りがありませんが、感じることはできます。

あなたは海やプールで泳いでいる間水のささやきを感じるかもしれません。

津の出会いの宇宙飛行士はある講演で、月の後ろに行ったときに不思議な音を感じたと言った。

聞こえない音を聞き、感じ、そして見てください。

あなたがそれについて考えているならば、観音仏も仏様の音を書くでしょう。

人々は音を見ることができるかもしれません。

津の出会いを見たという話で
江戸時代には、先輩と一緒に孫がいました。

オテンセン、ウルセンセン、ムシャコジセンを自分の子供たちに分けて作った人です。

よく育った京都駅の小さな枝、阿久い院は、小さな僧侶に珍しいバラのつばを送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です